スーパーコンパニオンとの宴会と、参加人数

職場や趣味のサークル仲間との食事会などを計画するときは、参加するメンバーの意見を可能な限り叶えられるようにするのが幹事の役目です。

とはいえ、参加者全員の希望に沿うことは実質的に無理な点も多く、ある一定のラインでの線引きは必要になります。

団体旅行でネックになることとして参加料金がありますが、不参加の理由として本音をいいだせないだけに、大変シビアな問題かもしれません。

会社の団体旅行の場合、参加するメンバーの年齢層にもよりますし、家族構成によっても家計費に占める交際費の捻出可能割合も変わってくると思われます。

団体旅行の幹事はほんとうに大変ですが、それらの条件をクリアしたうえで、楽しい旅行になるプラン作成をお勧めします。

スーパーコンパニオンをはじめとするコンパニオンサービス料金は、人数によっても料金は異なってきます。

また、宴会に参加する人数には、スーパーコンパニオンの人数分も含めて設定する必要があるのです。

たとえば、20人の団体旅行なら、20人分の料金に、スーパーコンパニオンの人数分を加算することになるのです。

せっかく、スーパーコンパニオンを交えての宴会に水を差すのは気が引けますが、最初から知っておいたほうが気分的にも割り切れると思います。